死ぬ前にやりたいことリスト【無事に、幸せに、安らかに】

終活

彼は入院前に私に1枚の紙を手渡した。

「俺が死んだらこの人たちに連絡して」

友達、親戚、歴代の職場の人、仕事を通じて知り合った葬儀屋に勤務している人。

その名前を指さして「ここにお願いして」

この紙は残された家族を大いに助けた。

私も毎年更新で作ろうと思っている。

 

そして、この「自分が死んだら連絡してほしい人たち」を作ることもそのひとつに含まれる、

年内に作成したいものが「死ぬ前にやりたいことリスト」

自分のできる範囲で少しずつ希望をかなえていきたい。

リスト化できることばかりではないが今から書き留めている。

小さなことも大きな夢のようなこともとにかくリストアップする。

学校の課題でもなければ試験でもない、誰に見せる必要もない自分のためのリスト。

 

ちょうど1年前、やりたいことを書きだす機会があった。

1年でどれだけ実現できたのだろう。

その時の私はなぜか、ただやりたいことを羅列することがしっくりこなかった。

 

この1年でいろいろな出会いがあり、いろいろと考えた。

今、あらためて自分の歩く方向がわかってきた気がする。

だから今一度やりたいことを考えたいと思った。

いつでも追加可能、実現したことも削除せずにその経緯と結果を残す。

 

コレきっと紙に書きだしたほうがいいね。

手元に置いてすぐに書きこめるように。

 

目下、実行中なのは

「好きなモノだけを残す」こと。

お気に入りに囲まれて暮らす生活を目指している。

服、食器、靴、バッグ、カトラリー、本、文房具、タオル、工具etc…

手放すものには「ありがとう」とお礼を言って「お疲れさま」と労って、次のステージへ送り出す。

まだまだ先は長いけどひとつひとつ進めて、

一番最後にアルバムの写真を処分して終了するという流れは決めている。

私が死んだあとに子供たちに片付けさせないように。

 

実は今年の誕生日に「やりたいこと」を2つ実現した。

ひとつは「あこがれの人の家の前を歩く」こと。

そしてもうひとつが「尊敬する人が所属する会社の建物に行く」こと。

どちらもその当事者に会うことは目的に入っていない。

ただその空間を見てみたかった。行ってみたかった。それだけ。

「いつでも行ける」とずっと思っていたけれど、このままじゃきっと「いつまでも行かない」と気づいた。

体が動くうちに、自由な時間があるうちに、気持ちが消えないうちに。

結果、とてもいい1日だった。

ただの自己満足だけれど、そもそもそれでいいのだから。

 

とりあえずタイムリミットを「あと4年」に設定。

明日のこともわからないのに図々しい設定だけど、ちょうどいい長さなんじゃないかと思っている。

 

自分が旅立った後のことも盛り込みたい。

ファイナルセレモニーをやるやらないは子供たちに任せようと思っている。

もしやるなら流す音楽だけは希望を伝えたい。

そして、昨日、思いついたこと。

あるアーティストの歌の後に、私が演奏したものも流してもらおう。

なんなら弾き語りして撮影しておこう。

キーボードを買うところから始めなきゃだけど…久しぶりだから相当練習しなきゃだけど…

しかも弾き語りって。。。

でも、なんかやってみたい。今はそんな気分。それでいいよね?

 

最近よく彼のことを思い出す。

思い出すというより考える。

彼はどうだったんだろう。彼はどう思っていたんだろう。と。

 

彼に…彼との時間に向き合おうと思わせてくれたのは藤井風の「帰ろう」という曲。

 

あなたは弱音を吐いて 私は未練こぼして

最後くらい神様でいさせて だってこれじゃ人間だ

 

当時の自分たちがよみがえる歌詞。

この曲のMVが公開されてその奥深さと美しさに言葉を失った。

私はあんな風に見送れていたのか。

彼はあんな風に旅立てたのか。

死ぬまで問い続けることになると思う。

 

そしてこのMVの解説動画が公開され、こう締めくくられている。

 

この曲では自分にこう問いかけています

「幸せに死ぬためには

どう生きたらええの?」

わしはまだもがいています

だから生きてます

だから、生きることを、もがくことを

諦めんで下さい

きっと無事に、幸せに、

安らかに帰れるから

Thank you

 

彼は無事に幸せに安らかに帰れたのだろうか。

私はまだしばらくもがきながら生きていきます。

 

彼に…彼との時間に向き合おうと思わせてくれたのは「帰ろう」という曲。

私が自分のファイナルセレモニーに流してほしい曲のひとつは「帰ろう」

私が最期に自分のために弾きたい曲は「帰ろう」

 

「死ぬ前にやりたいことリスト」に追加

・「帰ろう」の弾き語り動画を撮る

 

タイトルとURLをコピーしました