スポンサーリンク

藤井風LAATたまアリ2日目(1/15)【ネタバレ】セトリとMCと感想と…

音楽
スポンサーリンク

Fujii Kaze LOVE ALL ARENA TOUR さいたまスーパーアリーナ 2023/01/15

 

※この記事はネタバレを含みますのでご注意ください

 

今回は高校の同級生と行きました。

彼女がチケットエントリーもしてくれてめでたくゲット!

この彼女、前回のホールツアーの初日も当てた強運の持ち主。

そしてそれが初風(しかも自宅から徒歩で行けたらしい)だったという。

 

今回はたまアリの2日目しか行けない私の希望に合わせてくれた…神…ありがとう。

ちなみに彼女は2次先行で別会場も行けることになりました。

 

スポンサーリンク

セットリスト

センターステージ。

自転車に乗って登場でした。

私の席から登場シーンは全く見えず(ステージの向こう側だった)、スクリーンで確認。

 

セトリは以下の通りでした。

 

【ピアノ弾き語り】
01 The sun and the moon
02 ガーデン
03 ロンリーラプソディ
04 もうええわ
05 旅路
【バンドバージョン】
06 damn
07 へでもねーよ
08   やば。
09 優しさ
10 さよならべいべ
11 死ぬのがいいわ
12 青春病
13 きらり
14 燃えよ
15 まつり
16 grace
17 何なんw

The sun and the moon

ピアノの前に座ってしばし沈黙…何が始まるのかと耳を澄ませる場内。

歌い出した瞬間、あーこの曲!と感動。

アマゾンプライムで映画(『東京2020オリンピック SIDE:A』)が公開されていて、私はたまたまその時にアマプラお試し登録していたので、そこで聞くことができていて、生で聞きたいなぁ~と思っていた曲。

「美しい」と言う言葉がよく似合う曲でした。

 

ガーデン

歌うまいなぁとしみじみ感じた1曲。

今さらですけど…。

 

ロンリーラプソディ

「きれいなものだけ吸って~」

「ネガティブなものは全部吐き出して~」

みんなで深く深く深呼吸しただけで頭の中がすっきり。

日常の何気ない行動も意識を変えると気持ちが変わるね。

 

もうええわ

久しぶりに聞いた~♪

「みんなに歌ってもらいたいです。」「だる~い感じで歌ってください。」

まずは風先生のお手本「もうええわ~」×2回

3回目は「ちょっとむずかしい」と言いながら転調して歌う先生。

多分みんな聞き倒してるから問題なく歌えるだろうなぁと思っていたのは私だけではないはず。

もちろん本番はばっちりでした。

37,000人にしては控えめな印象だったけど、まぁ大声張り上げる感じでもないか。

 

旅路

旅路のピアノアレンジ大好きなのでうれしい~

「あなたに返すだろう」の「だろう」が声張るバージョンなのも好き。

今までのピアノアレンジと少し違うところもあって新鮮でした。

最後の「(いろいろ)あるけど」の時にいつも風氏がMVでやってた仕草をまねしてたんだけど

アレンジに気を取られてて忘れた~w

前日は2回やり直したらしいけど(それはそれでレアw)2日目は完璧でした。

 

damn

バンドメンバーが登場。

この曲は盛り上がるね~

私はパナスタ不参加ゆえ、初ヤフさんに歓喜!!!

ダンサーも登場して一緒に踊って楽しかった!

 

へでもねーよ

「あんたがいれば無問題」がなかったよ…(2回とも「ひとりじゃなんもできない」だったよ)

この曲も割と1番と2番の歌詞逆になるのが多い印象。

「帰れ」の手の動きが好き~なんかすっきりする。

 

やば。

「何度も何度も墓まで行って」「愛した日々は確かだっけ」

個人的に泣けてくる歌詞が多い曲。

「やば やば やば やば」の声の通りがすごく良くて突き抜けるような声量にグッときた。

 

優しさ

私的にこの日一番のアレンジ♪

TAIKINGのギターソロからのバンメンの演奏、風くんが歌いだすまで何の曲かわからなかった。

いつものピアノのイントロも大好きだけど、

初めて自分で鍵盤で弾けるようになった風くんの楽曲だけど、

このバンドバージョンのアレンジもよかった~。

 

さよならべいべ

「広い会場なので場内をチャリで回ります」的なことを言ってスタンバイ。

バンメンが演奏する中左右まんべんなく手を振り顔を向けながらチャリをこぐ風氏。

なんとなくフラフラしてて危なっかしい(笑)

まぁあれだけあちこち向きながら手を振りながらだし、むしろよくコケなかったと褒めたい。

沿道?のファンも手を伸ばす伸ばす…気持ちはわかるけどちょっと危なかったよ~

1/3くらい進んだところで「来んと思った~」て始まった!

そうか、歌うのか!w

「さよならが~」のところから安定の手振り、楽しい~

じゃじゃん!で止めるところもばっちり!

200レベル10列目だったのでまぁまぁ見える位置を風氏が通過。

なんか楽しくて楽しくて涙が出てきた。。。来てよかった。。。生きててよかった。。。

そう思わせてくれてありがとう♡

 

死ぬのがいいわ

武道館の時から弾いているあの印象的なピアノソロ始まり。

最近この曲で藤井風を知った人もいるんだろうな~

上京後にドンキで買い物した帰りに「あなたとこのままおサラバするより死ぬのがいいわ~♩」というフレーズが降りてきたというのはファンの間では知られた話。

紅白同様最後はばたっと倒れて終わりました。

マイクがどこかにぶつかって結構な音がしましたよ。

 

青春病

倒れこんだまま「青春の病に侵され~」だったかな…キオクガ…

私のまわり、野ざらしダンスやらない人もいたんですけど?

知らなかったのかな?恥ずかしかったのかな?

これから行くみなさまにはぜひやっていただきたい♪

もちろん風くんはやってます。

 

きらり

途中からダンサー登場!

きらりのMVに出ていたShingoさんもジョエルさんもいるしワクワクでした。

狭い空間で控えめに張り切って踊ったよ~

隣りの友達に何度もぶつかってしまった…スマヌ…

 

燃えよ

火が出た~

バンメン出てからの最初の方でも火が出たけど何の曲だったっけ???

「damn」???あ~わからなくなってしまった。

最近、ここ数年、業界で「火」流行ってるのかな?

ヌーもミスチルも火が出てた。

 

まつり

アレちゃんの振り付けをやる日がついにやってきました!わーいわーい!

個人的には「ありがたし」がちゃんとできなかったのが猛省点。

「で一体なんが欲しいわけ?」「誰に勝ちたいわけ?」

ココロに刺さるフレーズ。

 

grace

今回一番聞きたかった曲。

あの踊り(タケノコダンス?)もできました。

私の今年の目標は

「あなたはわたし わたしはあなた みんな同じ」

ということを自分の中に落とし込むことです。

頭ではわかっているつもりだけど、実際まだふんわりとしか理解できていない。

にしても安定の音程はもちろん、声量のすばらしさよ。

 

何なんw

「この曲は撮影してもいいですよ。」

「なんなん…くさ」

「w」も読むんか~い!!!笑

撮影できることはみんな知っていたようでみなさまさっと携帯をスタンバイ。

でも私のお隣の女性は知らなかったようで、「撮影OK」に「え?」ってなって、

明らかに「え?え?」って感じでそのうち歌が始まってしまって

結局1番は撮影せずにいて途中から携帯取り出してました。

パナスタの「grace」に続いてビッグボーナスだよね~

最後のピアノは事故案件!笑

絶対ギリ間に合わないタイミングを狙ってる(気がするw)!

なんか割っちゃったみたいな音で滑り込みましたよwww

それも含めて最高の演奏だった!

 

スポンサーリンク

MCあれこれ

毎度のことながらどのタイミングでどれをしゃべったか記憶があいまい…

なので、片っ端から覚えていることを書きます。

 

とりあえず一番最初は

「大丈夫?…大丈夫ですか?」

これには場内静かな笑いが…

前日のずっずダイアリーを読んだからですよね?

最近の風口癖、

「大丈夫そ?」

何かにつけて聞いてきます。

私(お前がな。)

藤井風公式アプリ「Staff Diary」2023/01/14より

 

*「トイレ行きたい人は行ってくださいね。我慢しながらなんかするのが一番いけない」

 

*「あんな席やこんな席に座ってみました。心の距離は一緒です」

 

*「子供~子供~(耳に手を当てながら)え?なんて?かわいい~」

「お年寄り~かわいい」

「若者(低い声で無表情で)~」

「中年~(一番の反応に、笑いながら)そんなに声出さんでいいんですよ」

 

*「みんな同じだということが言いたいです。見た目が違うだけでみんな一緒」

 

*「生きていればいいことはあるから」

 

なんかびっくりするほど記憶があいまい。

もっとしゃべってたよ、うん。

でも、今回はMCは少なめだった印象もある。

自分の中にはニュアンスとして残っているけれど、文字にすることが難しい。

もう記憶はあてにならないんだな。。。

かといって、ライブ中にメモを取るのはちょっとね。

そこまで期待もされていないだろうし、されてもやらないし、使命感もないので。

思い出したら…うまく表現できそうだったら追記します。

 

スポンサーリンク

感想

「行けてよかった、生きててよかった」

これに尽きます。

大げさでもなんでもなく本当にそう思う。

 

なんだろな、この感覚。

感動したとか最高!とかとちょっと違う…いや、感動したし最高だったけど

もっと大きくて深い光を受け取ったような感覚。

 

遠征できなくても、2days行けなくても、

行けると決まったたった1回のその日を大切にしたいと

心から思った1日でした。

 

ぶっちゃけ、何日も行ける人がうらやましいし、

行けない自分が悔しくもあるけど、生きてればいいことあるはず。

 

私は彼の妖艶な動きに「キャー!」とはならなくて

でも、それを否定する気もなくて

彼の考え方やピアノや歌声が好きなだけ、ただそれだけ。

もちろんビジュアルも好きだけど、作品の魅力の方が上回ってる。

ヒトとして好き。

 

しばらくライブはないってずっずダイアリーにあったけど、

次にツアーをやるときまでに自分の環境をよりよくしておきたいと強く思いました。

がんばる~!!!

 

iPhoneの中のあの日の「何なんw」見てると涙が出てくるよ。

で、最後のピアノで笑ってしまう(笑)

 

さ、またいろいろ手放しながら帰る準備を始めよう。

 

ありがとう♪

タイトルとURLをコピーしました