無事生還

わたし

今日は筋腫の切除の日

朝10時に病院に着き

自分の順番が夕方以降と言われたため

一度帰宅した

再度15時半すぎに病院に着き

診察室に入ったのは18時15分

処置を終え会計が終わったのが18時40分

 

朝家を出るときにみんなに言った

「夕方には帰るからね」

絶対に泊まりは避けたいと思っていた

が、こればっかりは私の意志ではどうしようもない

出血がありませんようにと祈るのみ

 

病院に着くと

本来は二人の医師の診察だが

今日はひとりの医師のみとのこと

待ち時間が長くなるので

外出希望者は受付に申し出てほしいとのことだった

張り出された順番を見ると私は早くても17時半過ぎ

もちろん一度家に戻った

 

帰宅してみんなの顔を見るとなんか泣けてきた

なんでもない当たり前の日々に感謝

生きていることに感謝

入院する前にみんなにお別れをしたという彼の気持ちは

どんなだったのだろうと思った

 

段ボールハウスを交換

冷蔵庫の配送日の変更をメールで問い合わせ

とある女子会の日程調整

おひるごはん

 

やれたのはこれくらいだったかな?

有意義な一時帰宅だった

 

15時半すぎに再度病院へ

順番までまだ6人

てことはひとり20分としてもあと2時間!

こんな時間からでも処置はできるのだろうかと不安がよぎる

そして先生は食事できているのだろうか…

 

持参していた「夜廻り猫の展覧会」も読み終え

携帯を見るのにも飽き

ぼーっとしていた

ぼんやりいろんなことを考えながら

最近こんな時間なかったなぁと思い

こんな時間もいいなぁとのんびり過ごした

 

やっと呼ばれて診察室へ

「どうしますか?」と聞かれ

「今からでもお願いできるなら…」と答えると

「じゃあとっちゃいましょう」

 

「ねじ切って焼いちゃえば大丈夫だと思います」

え…大丈夫なのか?と思ってしまう表現

しかもあっという間に「はい、とれました」

「じゃ、レーザーで焼きますね」

「少し痛いかもしれません」

と言われたが痛くはなかった

痛みというよりは若干の不快感と言った方がいいかもしれない

 

「筋腫ではなくポリープですね」

「大丈夫だとは思いますが念のため検査に回します」

「結果は電話確認で大丈夫です」

とのこと 会計も1万円行かずホッとした

 

帰り道の気持ちの晴れやかなこと

こんなにスムーズに終わるなら

最初に行ったときにやってしまえばよかった

とさえ思えたほど

 

でも実際はあの日は入院には対応できなかった

今回は万が一の入院に備えて

気持ちの面でも準備ができた

そしてあの日の彼の気持ちに思いを馳せることができたのが

何よりも大きかった

 

家族には話さずに終わった今回のこと

話さずにすんでよかった

できるだけ心配をかけず自己解決したい

と今は思っている

 

あ…日付変わってる

今日は年に一度の絶対働かない日(笑)

自由にのんびり過ごします

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました